第40期名人戦挑戦手合第2局封じ手予想

こんにちは。

今日は午後から作業をしつつ名人戦を観戦していました。初めて知ったんですが、ニコニコ動画で生中継やってるんですね。無料会員でも現地のライブ映像を見ることができるとは、私のような人間にとってはとても助かるサービスです。

ニコニコ生放送での視聴ページ

下は一日目終了時の局面。
黒番:井山名人 白番:高尾天元

40meijin1

ここで高尾天元が封じたわけですが、今日は初めての封じ手予想というやつをやってみたいと思います。現局面で個人的にポイントと思われるのは以下。

1.地合のバランス
2.左上に残っている白を切断する手段(関連して上辺一帯の白の薄み)
3.右下寄りにある亀の甲の評価
4.左辺黒をこのまま囲わせていいのか

まず1.について、目算してみて少し驚いたんですが現時点ではけっこうバランスは取れてるみたいです。
2.については切っていくのが白にとってどれだけきついのかがよくわかりません。全体的に黒石が厚いので切られた時のダメージも大きそうなのですが、俗に押していけば上に白の厚い石が待っているので、きついのはきついですが取られてしまうようにも思えません。
3.がほんとによくわからない。右辺と下辺の白石はガチガチなのでこの抜き跡が利いてくることもないでしょうし、上辺の白は少し遠いので影響なしとは言いませんがすぐに関係してくる石ではないと思います。
4.が次の一手を考えるうえでの一番大きなポイントです。少し消すぐらいで間に合うなら、消しを打った後上辺の補強にまわればいい。

これらのことを考え合わせて、私の封じ手予想は以下です。

40meijin2

意図としては、
・浅く消したのでは黒に左辺を厚くされ、上辺切りを決行される(左辺が厚くなってしまうと切られて上辺が壊滅しそう)。
・厳しく攻めてくれば(取りにくれば)二間の薄みをつっついてサバき、かつどさくさに紛れて上辺の切りも守る。
・ゆるい攻めならコウなど何らかの左辺削減の手段を残して上辺の守りにまわる。

なんにしろ私の目には現時点で白が苦しいように見えます。なので白としてはいっぱいに打ってなんとか勝機を見出したいところです。

スポンサーリンク
xdomain広告
xdomain広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
xdomain広告